〜Star Blue〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.Children 25周年 日産スタジアム2DAYS #ミスチル25

<<   作成日時 : 2017/08/07 01:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』
2017年8月5日(土)、6日(日) 日産スタジアム

まずは、東京ドームにはなかった展示物を貼っていきます。

東京ドームパネル・バルーン展示はこちらです。

画像
F&Mからの暑中見舞いに載っていた風船(ボール?)

画像
ツアトラA

画像
ツアトラAの裏面

画像
ツアトラB

画像
ツアトラBの裏面

画像
メモリアルフォトフレーム。2017.8.6版

画像
ミスチルくんかき氷、レモネード

画像
かき氷屋さん左

画像
かき氷屋さん上

画像
「あっちの方向へLet's GO!!」て...!

画像
ミスチルくんフラッグ

画像
ミスチルくん・ミスチルさん・ニワトリに乗る4人の旗

画像
小机駅の案内板


※ここからはライブのネタバレも含まれますので、これから楽しみにしている方はご注意ください。

5日(土)はどうしても仕事を休めず半休を取って開演ギリギリに着席しました。

次の日曜日にまとめて、25周年の展示物やキッチンカーエリアの写真撮影をしました。

今日はチル友Tくんやその後チル友Mさんに久しぶりに会えて嬉しかったし、見ず知らずの男の方に人違いの声を掛けられたりした日でした。

そして、ツアーグッズ追加分として鼻セレブが登場する意外性!

東京ドームライブレポはこちらです。

両日ともスタンド席でしたので、FC席で盛り上がりつつも冷静に全体を見渡す事が出来ました。

セットリストはドームのからバッサリと名曲(個人的に)が何曲も削られ、入っていなかった曲が数曲増えていました。

「暑い中早くから来てくれた人、物販に並んで暑かったんじゃない?今回はグッズ売り場にクーラーを、かちわり氷などもご用意しています」

「GIFT」で今回は客席のファンの事を「宝物」と言ってくださいました^^

「ヒカリノアトリエ」でメンバーがセンターステージに移動する際、ジェンのTシャツが汗で肌にくっつかないメッシュインナーを見せたくてお腹をめくった時に、桜井さんがそのメッシュ脇腹を後ろから抱きしめ話をやめさせていました。笑

2日目も同じくだりで乳首にマイクを当てて「上までめくってもいい?」と聞いているところまで待って桜井STOP。笑

8人バンドの名前「Mr.Childrenヒカリノアトリエに絵を描く」。ちょっと度忘れ。

この歌を作ったきっかけは、「喉が渇いたらペットボトル(蛇口?)の水を、口寂しい時にガムを手軽にポケットから取り出して噛むように、苦しい寂しい辛い時にいつでも聴けるような元気が出る歌を作りたいと思った。」

2日目はセンターステージで「CROSS ROAD」に代わって夏にぴったりな「君がいた夏」。

「僕達はライブハウスから始めてメジャーデビューしてあっという間に売れた訳ですけども。笑」

田原さんのギターが伸びやかに青い空に吸い込まれていきます。

同じくセンターステージでの桜井さん弾き語り「simple」

「今から、ややこしい擬人化の難しい話をするよ。作詞・作曲 桜井和寿の曲が、Mr.Childrenに歌って欲しいと言っているのでこの曲を歌います」

「思春期の夏」での、「歌えるもんならご一緒に〜」「バイオリン沖祥子!しょこしょこしょこしょこ ア゛ァァァ−−−−−ッ!!!」はいつ見ても爆笑で流石です。

1日目の「HANABI」で、♪滞らないように揺れて流れて〜のパートを歌わずに観客が合唱したのを聴いて「そこみんな歌えるんだ、へぇ〜、意外だったな」と笑っていた桜井さん。

2日目もそうなのかなと聴いていたら、昨日の一件はまるで何事も無かったかのようにさらっとCD通り歌い上げて一切その事には触れませんでした。

相方Sさんも昨日日産で聴いていたそんきちさんも私も「あれ何だったの???」と真相は謎のままです。

「ランニングハイ」ではステージの端から端まで花道もひたすら走っていましたね。

ナカケー天カメ絶好調!正面もシュッとした感じでプレイが一層カッコイイ。

「ニシエヒガシエ」でステージ前と空に花火が上がり、「エソラ」のキラキラ紙吹雪も屋根が無い分風に乗ってかなり上まで舞い上がってとても綺麗でした。

一人だけ着替えない田原さんの白いリボンブラウスが素肌に張り付いてスケスケに!上着を脱いだら乳首透け事件になりかねない事態で心配でした。

「終わりなき旅」「ここまで過去の懐かしい曲を聴いて貰いましたが、最後は未来へと向かっていく歌。」

桜井さんの高く力強い雄叫びから始まり、歌い終わった後のMr.Children4人の長いセッションがとても熱くて、Mr.Childrenの未来はこうなんだと見せつけられた感じで安心しました。

2番の歌詞は♪どこかに”あなた”を必要としてる人がいる〜

背が低く童顔な私ですが、「1999年、夏、沖縄」のMC・演奏から伝わるメッセージ通り25年経っても離れて行ってませんからね!これからもお祝いさせていただきたいです^^

ライブハウス時代の最前列からスタジアムの2階席まで、売れてマイクから私迄の距離がどんどん遠く離れて行っても気持ちは離れないでいるのです。

暑い中での設営やリハーサル等大変だったと思います、また良い思い出をありがとうございました。


「どうもありがとう!
最高だった!
また会おうね!
気をつけて帰ってください!
(1日目)お帰りは混雑が予想されます。
明日からもがんばって!」


【セットリスト】

01.CENTER OF UNIVERSE
02.シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜
03.名もなき詩
04.GIFT
05.Sign
06.ヒカリノアトリエ
07.CROSS ROAD 6日:君がいた夏
08.innocent world
09.Tomorrow never knows
10.Simple
11.思春期の夏〜君との恋が今も牧場に〜
12.365日
13.HANABI
14.1999年、夏、沖縄
15.足音 〜Be Strong
16.ランニングハイ
17.ニシエヒガシエ
18.himawari 6日:ポケットカスタネット
19.掌 6日:himawari
20.Printing 6日:掌
21.Dance Dance Dance 6日:Printing
22.fanfare Dance Dance Dance
23.エソラ 6日:fanfare
24.エソラ(6日)

アンコール
24.Overture
25.蘇生
26.ポケットカスタネット(6日は18)
27.終わりなき旅

セブンイレブンのレシート
画像

画像

7ぴあ 別冊 フライヤー
画像


@akk_priscilla←でごにょごにょ言ってます。


AX

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Mr.Children 25周年 日産スタジアム2DAYS #ミスチル25 〜Star Blue〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる