〜Star Blue〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016

<<   作成日時 : 2016/08/03 15:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016
2016年7月29日(金)前夜祭・7月30日(土)・31日(日)
宮城県石巻港 雲雀野埠頭

画像

「Reborn-Art Festival 2017」開催に向けて、プレイベントとなる「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」が開催されました。

公式によると、音楽を中心としながら地域の自然や人とのコラボレーションによる食・アート・ワークショップなども開催し、石巻/牡鹿半島の魅力と翌2017年に開催される「Reborn-Art Festival 2017」について知って頂くと共に、ap bankがこれまで続けてきたap bank fesのバトンを来年以降の Reborn-Art Festival に繋げていくイベントだそうです。

画像

HARBOR YOCOCHOから会場の外を眺めると、今も復興の建設中の建物が見えます。

ここ雲雀野埠頭も舗装はされておらず、砂利と砂埃が舞い上がる足元でした。

ここまで設営するのは本当に大変な事だなぁと尊敬の眼差しです。

当日はちょうど梅雨が明け、日中はジリジリ暑いものの程よく風が吹く感じ。

ap bank fes自体4年ぶりの開催で、事前の体調管理には気を付けてはいましたが、つま恋の頃の私達のように最前列に情熱を燃やすライブ中心ではなくこの石巻のフェス全体を楽しもうと思っていました。

桜井さんが他のアーティストの時に常にBank Bandの櫻井さんとしてステージに立つスタイルは今回はなく、要所要所で登場演奏し、一日の締めの全員集合もありませんでした。

画像
↑30日のリストバンド。布製のリボンの様な素材でキュッと絞ると弛くは戻せない仕様。

お昼が近くなるとライブエリアに牛たん串や海鮮焼き、牡蠣、ホヤ???などを買って戻る人が見えてものすごくフードエリアに期待が高まりました。

画像

石巻や宮城の食材を中心とした料理や地元の名産を振る舞うお店が立ち並び、地元の漁師さん達が応対してくださいました。直接の触れ合いの場も嬉しいです。

HARBOR YOCOCHOでは三陸産さばの竜田揚げ、牛たん串焼き、牛たんつくね、無料ポン菓子。つま恋と違う名産を美味しくいただきました。

画像

HAMA MARCHEの方でも地元食材を使用した美味しそうなお店が立ち並び、行列でした。

ライブのオープニングセッションにもフェスグッズ製作にも地元の方々がたくさん参加されていました。


ちなみにMr.Childrenのセットリストは7曲。
1.名もなき詩
2.Tomorrow never knows
3.しるし
4.PADDLE
5.シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜
6.innocent world
7.足音 〜Be Strong

Tomorrow never knowsの後に機械トラブルか何かで「僕がアカペラでやるのもなんだし、この後も盛り上がる曲が用意してありますのでその前に涼しくこの曲を」→しるし。

シーソーゲームは先月のGCバージョンからミスチルで聴けて、かなりテンションが上がりました。

足音は桜井さんが水色のギターに持ち替えた瞬間からじわっと泣けてくる設定になりました。。。

「ここに来るのも大変だったでしょう?生きてると(暮らしていると?)上手くいかないこともあるけど、きっとそんな背中を見てくれている人がいる。足音が云々」というような事を仰って、田原様のデレレレー♪で涙溢れます。重症です。

信長協奏曲の映画でも帰蝶さんのシーンで泣きラストMr.Childrenでまた泣き、「終わりなき旅」に近い心の奥にぐっとくるものがあります。

ZAEN BOYSのあのキレのあるサウンドと単語の合わせ技好きです^^

bank bandは
1. 糸(中島みゆき)
2.ロストマン(BUMP OF CHICKEN)
3.こだま、ことだま。

ロストマンはカバー初披露。「彼らはどう思って作ったかは知らないけれど僕が思うように解釈して歌います。」

こだま、ことだま。はここで歌いたいと思って作った曲。「よかったら一緒に歌ってください」

東京メトロの石原さとみちゃんのCMでお馴染み、第一声から埠頭の風に吸い込まれるような伸びやかな歌声。リアルな歌詞。優しい歌詞。

画像
↑会場限定CD

メンバー紹介では小林武史氏を、Reborn-Art Festivalを一から全て始めて尊敬しておりますと。

Cocco「今日はまだ救急車来てないって!」今ここにいる人と、いるべきなのにいない人がいて、命の尊さを深く考えていて私も身に心に沁みました。

スガシカオさんはポケモンGOでご当地ポケモンを狙っている。3曲目の夢のゴールで桜井さんを呼び込み二人で演奏。普段からの仲の良さが伝わりました^^

WANIMAの時にちょうど予約したCDを受け取る指定時間だったのですが、ライブエリアを出てグッズ売り場に行くまでの間も大盛り上がりのスクリーンが観えるし声も聴こえるし、こういう配置もいいなぁと思いました。

画像
↑グッズ売り場にいたマダツボミ。笑

一週間前にポケモンGOが日本でも配信され、ここ石巻市はIngressの「記憶のポータル」特別区だそうです。

東日本大震災の津波で今は存在しない建物がポケストップの拡大写真で再現されていて、実際に被災地に足を運んでもらい現状の復興と昔に想いを馳せてもらいコミュニケーションする目的なのだそうです。

私は仙台駅からのシャトルバスで殆ど高速道路だったのでポケストップは後半あまり無かったのですが、石巻駅からのシャトルバスの方は実在しない場所にポケストップがあるのを見付けられたのかも知れません。

GAKU-MC、apはアーティストパワーの大意ともう一つ、オーディエンスパワーの意味がある。

この辺りで夕ご飯を食べにライブエリアからHAMA MARCHEへ出ました。

画像

画像

真夏の埠頭の電灯に虫が集まっていない生態系なのか。いずれ草木も生い茂り背を伸ばす事と思います。

帰りのシャトルバス、車窓右手遠くで花火大会が2箇所で開催されていました。

私は桜井さんと同じく、東京の血と半分は東北(山形ですが)の血が流れています。

みやぎ絆大使の信長くんの影響もあり、自分のルーツでもある東北の、山形以外の地にも仕事のボランティアでなくてもまた来ようと思います。

楽しみながらも感慨深い、大切な貴重な経験をありがとうございました。

画像

仙台で本場の牛たん定食を味わいました^^

画像



@akk_priscilla←でごにょごにょ言ってます。


AX

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016 〜Star Blue〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる