〜Star Blue〜

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年祭 ファンクラブツアー

<<   作成日時 : 2014/09/20 01:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2014年9月17日(水)
Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年祭 ファンクラブツアー
Zepp DiverCity Tokyo

画像

Zepp DiverCity Tokyo 本日のイベント:プライベート

画像

「FATHER&MOTHER」=いつも応援し、見守ってくれている父母のような存在。

会報によると、現在アルバム制作中で20曲くらいある中で、前情報無しで最新の音を体感して欲しい。云々・・・と。

そのツアーの中でも第一回目が東京なので、それはそれは光栄な機会でした。

Zepp Tokyoでは、Mr.Children & the pillows LuckyRaccoon Night に行けて、ラキラクの時に相方Sさんに当てて貰ったので、少しはその恩返しが出来たかな?

画像

私の会員カードと免許証で本人確認するのって、HEY×3の時以来かも。。。

当たり前だけどなかなか当たらないもんね。

そして、当選発表前にダメもとで日曜出勤の代休として半休だけ取っておいて良かった。

同じく半休を取ってくれたSさんと台場駅で合流して、3時からのグッズ販売に並びました。

今日から追加発売の、「ファンクラブ会報 21周年祭特別号」「21周年祭バッジ」を買う為に。

駅からDiverCityまでの間、工夫を凝らした「同行させてください」の方にたくさん会いました。

画像
↑ボヤけてすみません

画像

画像

画像

余裕をもって並んでいたのでどちらも買えました。

がっっっっっ!!「21周年祭バッジ」(21個中、3個1セット)、当たり付、これが初日ちょっとした問題児でした。

(同日深夜0時からのグッズ販売も数分でSOLD OUTだったとか)

画像

この「当たり付」は一袋ずつ開けなければ分からず、「当日限り有効です」なので歩きながらやロッカーやらベンチやらいくつも開けている姿を見て、私達もフードコードで開けてみました。

「ダブってたら取り換えようね♪」くらいのノリで、開けても開けても全部同じセットしか出て来ず。。。

そこへ「あの〜、全部同じのだったのでよかったら交換しませんか?」と女性ファンの方がやってきて、それからあちこちで交換会が始まりました。

これって、並んだ列の箱毎に同じセットだけが入っていて「この中からお好きなのお選びくださ〜い」と言われて、上のと下のと右のと左のと・・・選んでいた自分が恥ずかしいㆀ

そんなこんなで、優しい方が「後から一旦販売を止めて、中身を混ぜたみたいですよ。今行くと全部ダブった人はもう一回引き直せるみたいです」と教えてくださったので、残りのダブリ分引き直させて貰いました。

次の会場からはきっと大丈夫だと思います(;'∀')

画像

ライブが近づくにつれて胸がいっぱいで食事が喉を通らないよね〜と話しつつ、つけ麺とクレープを食べて開場を待ちました。

画像

整理番号は、1階がF、2階がM→→F&M?まさかまたこういう。。。

開場時間がきて、1番の方が呼ばれると拍手が起こりました^^HEROだね。

1階は2,000人強キャパのF600番台だったので、まぁ真ん中より前で見られそうだなと思って入ったところ、思いの他横に広〜く詰めて待機していたので、前から10列目くらいで、桜井さんを正面から見れました。

前の人の頭と頭の間から、ベルトから上、ギターが見えるくらいの位置。

ドキドキしながらお喋りしていると、開演の注意事項のアナウンスの後暫くじらされ、センターのマイクスタンドに女性スタッフがマイクを差し込みに来ただけでまた拍手が起こりました。

今日はそんな胸アツな空間です。たまに冷たい風が流れる程度です。


※ここからものすごくネタバレです。後の公演を楽しみにしている方はご注意ください。


まずはセットリスト。

1. Everything(It's you)
2. 旅人
3. 名もなき詩
4. Melody
5. fight club
6. 斜陽
7. 蜘蛛の糸
8. I can make it
9. 放たれる
10. タイトル未定
11. Simple
12. 進化論
13. 足音〜Be Strong
14. 幻聴
---------------------
EN1. 口笛
EN2. 未完
EN3. 独り言

帰りにご丁寧にセットリストボードがあったので公式です^^

画像

こうしてみると、17曲中11曲はライブ初披露ですかね?

あと10曲以上あるみたいなので、他の会場でまた追加したり、東京でしか聴けなかった曲が出来たりするのかもね。

暗かったステージの照明が青くなり、Mr.Childrenの4人とSUNNYさん登場しました!

イントロで「Everything(It's you)」と皆が気付き、思ったよりめちゃくちゃよく見れた(桜井さんとJENのみ)に感激興奮して、Sさんと手を握ったまま我を忘れました。

桜井さんは白いVネックシャツにグレーのキラキラアウターを重ね着していい感じにオールフロントな左分け、健ちゃんはイヤモニの耳かけヘアが今にも肩に付きそうに伸びていて、ナカケーはボブっぽく伸びた髪型に卓球選手の様な黒のポロシャツ風、JENは白いTシャツに髭を蓄えていました。

私の位置からはSUNNYさんよく見えなかった、MIFA CUP以来だけど。。。

「旅人」「名もなき詩」と続き、曲名を聞かなくともファンはノリノリで大盛り上がり。

桜井さんが「最後の曲を聴いて貰いました」と言うとアンコール!が起こりました。

最初の3曲なんて、ミスチルの活動休止前のいろいろ思い出す選曲だよねぇ。

でも今夜は嬉しいのです♡

「ここ迄が今までのMr.Childrenだから最後の曲、次からはこれからの新しいMr.Childrenです」という流れで、未発表曲の説明をしながら進んでいきました。

「Melody」はクリスマスを想いながら作ったとの事で、Sさん曰く、その頃にアルバムが出るのでは・・・

「fight club」はブラッドピットの全盛期に観た映画に憧れて20歳の頃から外敵と闘い、社会人の34歳になってからも敵に挑んで苦悩するような内容でしたが、曲全体のノリが私好みでした♪

「斜陽」は太宰治の作品から、前の曲と続けて力強くて好きな感じ。間奏までもカッコイイ。

「蜘蛛の糸」は芥川龍之介の作品、R指定なイメージで作ったと言うゆったりな曲でしたがあんまり歌詞がわかりません。女性の事だったと思いますが。

「I can make it」テンポとノリの良い曲。土砂降りの雨のガード下の印象。会報で桜井さんがUKと言ってた曲かなぁ。でもひょっとしたら他の曲とごっちゃになっているかも知れません。(興奮している時の記憶とはそんなもの、すみません)

「放たれる」先に公開された劇団ひとり原作映画「青天の霹靂」主題歌。イントロでわかる力強く放たれる感じ。


そして、10曲目の「タイトル未定」です。

アンケートにもこの曲が印象に残って、是非アルバムに何らかの形で入れて欲しいと送りました。

「この曲は、メンバーにもスタッフにも、誰にもまだ聴かせていない未発表の曲です」

この1曲を聴くだけでも今日のチケ代2,000円は十分なくらい貴重な経験をさせていただきました。

ある日桜井さんが酔ってテレビを観ていたら東日本大震災の映像が流れて、一生懸命に生きている人やボランティアの人達の姿を見て、俺何やってんだろ?」という感じに思ったとおっしゃっていました。

アコギひとつで、

♪ゴミ、ゴミ、ゴミ〜
 いらね、いらね、いらね〜

そんな弾き語りが、ファンの皆も一緒に口遊めるまでに湧きました。

後々、別の曲の合間でも♪ゴミ、ゴミ、ゴミ〜とJENとファンが歌う場面もありました。

「Simple」は10月4日(だったか?)友人の結婚式で曲指定で頼まれたので、この場を借りて予行演習してました。

どこかのタイミングで、「8月は中川、9月は田原の誕生日か、おめでとう」みたいな流れもありました。

「進化論」は会報にも載っていたキリンの首の話を始めると会場が「あぁあぁ、あれね」というザワつきが起こって、「あそっか、今日の皆は会報読んでくれてるんだもんね」と言われました。いい笑顔でした♡

時代の移り変わりにより、多様の進化論を唱える。

「足音〜Be Strong」を紹介する時に「聴いてください僕らの新しい足音」って言われたのかな?それがタイトルかと思って気に入っていたら違いましたね^^

マモちゃんのアニメ版「信長協奏曲」が最終回を迎え、次は小栗旬さんによる月9ドラマとして、Mr.Childrenが主題歌を担当。

向井くんも主要配役でしたね❤

Zeppの翌日にめざましテレビで独占初公開と言って流していたので、その前の夜に私達にお披露目してくれて嬉しいです。

桜井さん原作を読み込んで直しつつしたためた曲、タイアップ感がひしひし伝わってくるがっちりした曲でした。

「幻聴」文字で読むとちょっと怖いタイトルだけど、アンコール前の最後に聴いたこの曲はとってもポジティブな好きな感じの曲だったと思います。記憶が曖昧ですみません。

そういえば、桜井さんはFATHER&MOTHERを「ファザーマザー!」と何度も叫んでましたね。


ここからアンコール。

桜井さん、途中青いシャツに羽織り変え、アンコールはTシャツだけになっていたかも。

会報に書いてあったリクエスト曲受付け、私すっっっかり忘れていました。

桜井さんがアンケート結果の紙3枚くらいぺらぺら見ながら、「だいたいどの曲がくるかは分かってたよ」と。

「1万700数件集まった。まずは少数意見から。

ワインレッドの心、パノラマの街、pillowsのカバーをした時のハイブリッドレインボウ。笑

それ曲違うから、ストレンジカメレオン。笑」

そして5位から。

「5位 終わりなき旅、4位 Simple、3位 旅人、2位 I'LL BE(+I'll be)、そして1位は・・・」

♪デーレー デレレレー、デレレー 「口笛」でした。

これかーーーーーーーーーーー。他人の好みなど想像つかなかった。でも確かに良い曲ですし好きです。

桜井さんは1番を皆に託しました。歌っていて気持ち良かった♪

NYでレコーディングしたとか桜井さん金髪短髪にした時薬がチクチク痛かったとか、ほんとに合っているかわからない記憶が勝手に蘇りながら^^;(これ「君が好き」かも…)

う〜ん、納得。

でも私は違う曲に投票していたな。し忘れたけど。

「サニーくんはここ迄です、拍手〜」「えーーーーーー!?」とはけて行ってしまいました。

後に桜井さんは「さっきのサニーには悪い事したな」っぽい事を言いつつ、次からは考えようと反省してました。

今日のSUNNYさんのTwitterで「Zepp DiverCity Tokyoのステージはカラッカラに乾燥していて喉が辛かった。あんな状況で歌が歌えるなんてすごい」とつぶやいていました。桜井さんの事かと思い、ふぁぼりました☆

「未完」まだ未完成の、Mr.とChildrenの間の僕達をこれからも一緒によろしくというような感じでしたでしょうか。これまた耳に残る好きな感じでした♪

「みかん」じゃないよ!笑 とふっといて、「それでは聴いてください、「未完」(みかんの発音で)」と桜井さん。

最後の「独り言」、JENが前に出てきて、4人が並んでちょっと感動ㆀ

「タンバリン担当です」と盛り上げつつ実際はブルースハープで聴かせるJENて。。。

途中の♪Uh・・・独り言〜 のところを、「男子だけー!」「女の子ー!」「いいよかわいいからもう一回!笑」というやりとりもありながら、なんかミスチルがちょっと身近に感じたアットホームな気持ちで過ごせました。

私が戻ってくる処はやはりここなのか・・・!?

昔馴染みながらも見たことのない景色を見せてもらったハルちゃんと、後の凛の気持ちがこれかなって✿

(アニメFree!を知らない方すみませんㆀ)


画像
↑Drink Bar

画像
「信長協奏曲」様からお花

画像
稲葉社長からお花

画像
公演アンケートの告知

あちこちに黄色い封筒のデザインの掲示があったので写真撮ってみました。

会員カードは青→銀に変わり、頑なに黄色にしない理由でもあるのかな!?


今回も、こんな良い思いをさせていただいてどうもありがとうございました。

JENの「ワンツースリーフォー」が地声で大きく聴こえてくる近さで、初披露をたくさん体験出来て。

この後のZeppツアー、福岡・名古屋・難波・札幌もそれぞれに楽しく素晴らしいライブになりますように。

アルバムも益々楽しみになりました♫

そして、ただの自己満足の勘違いだらけのレポをいつもたくさんの方に読んでいただき、ありがとうございます。

違うところはご指摘をお願い致します。


@akk_priscilla←でごにょごにょ言ってます。

AX

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何度も読ませて頂いて、
でもなんて感想書いたらいいか考えて…
まだやっぱり悩む〜!

とにかく伝わってきました(^^♪
会場に到着してからの雰囲気がもう…。
読んでてドキドキしてきちゃいましたもん!!
臨場感、ワクワク、ドキドキ…
また今回も伝わってきましたー♪

確かに最初の3曲はあの日の東京ドームを
思い出しますね(^_-)-☆

新曲は漢字のタイトルが多い…?
なかなか歌詞や曲調が想像できないから
なんか嬉しい…そして期待!!
早く新曲聴きたいよ〜!

写真もたくさんUPしてくれて
ありがとうございます☆


そんきち
2014/09/24 19:44
そんきちさん

そんな何度も読んでもらっては照れますから(ノ∀`)

こちらこそ、いつもライブ前も後も気に掛けてくれてどうもありがとう♪

ひとまずレコーディングが進んでいるので近々発売しそうな予感だよね。

昔と比べると年に数回しかテレビで歌わなくなってライブがとても貴重になった上倍率も上がる始末。

次はまた会場で会えますように。。。
ぷりしら
2014/09/28 23:14
Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年祭 ファンクラブツアー 〜Star Blue〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる