〜Star Blue〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」

<<   作成日時 : 2014/05/30 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JAPAN NIGHT
MOVE WITH THE MISIC OF JAPAN
DAY1『Yell for Japan』
2014年5月28日(水)

画像

有休がほぼ丸ごと残る近年、こういう日こそ早退して千駄ヶ谷に向かいました。

プロ野球はセパ交流戦の真っ只中、神宮球場→ヤクルト×日ハム、東京ドーム→巨人×楽天で帰りは沿線がカオスだろうな。

画像

『Yell for Japan』をコンセプトに、「音楽の力で日本の新しいスタートにエールを送りたい」という主旨のもと、これまで様々な形で日本にエールを送ってきたアーティストが登場。

≪出演アーティスト≫いきものがかり、ウカスカジー(桜井和寿&GAKU-MC)、岸谷 香、ゴスペラーズ、斉藤和義、スキマスイッチ、ナオト・インティライミ、ファンキー加藤、ゆず and more...(50音順)
≪音楽監督≫亀田誠治
≪演奏≫“Yell for Japan” special band
(Drum 玉田 豊夢、Bass 亀田 誠治、Gt 小倉 博和、Gt 西川 進、Key 皆川 真人、Key 斎藤 有太、Strings 金原千恵子ストリングス)


入口でペンライトが配られテンションが上がりました。

今夜はそういう感じなんだ。。。

ちょうどアウェーのゴール裏辺りのスタンド前段5列目で見晴らしが良かったです。

東北でパブリックビューイングも並行との事で、スクリーンのカウントダウンからケン・マスイ氏のMCで始まりました。

5万人が見届ける、聖火も燈りました。

音楽監督の亀田誠治さんはじめ、“Yell for Japan” special bandの皆さんが終始控えて、トップバッター赤い衣装のスキマスイッチがたくさんの赤い風船と一緒に登場し「全力少年」を歌いました。

「スキマスイッチでした〜」あれ?今日は淡々と進行していくのかな。。。

次のファンキー加藤。皆が知る「あとひとつ」

「いつも応援歌ばかり歌って得意です。今迄はDJの音で歌っていたのでバンドの締めがやってみたかった。」

2曲目の「輝け」ではステージから降りて走る若さ溢れるファンキー・D・加藤。

この辺から日が暮れる。

ナオトのスクリーン、光るト音記号や音符が瞬いて夜の闇に綺麗でした。

国立競技場の思い出を語り出しました。

「初めての国立は6年生の天皇杯決勝。Jリーグ発足前日産自動車×読売クラブ。」

お父さんとチケットも持っていないのに行って人の多さに圧倒されたとか。

高校サッカー選手権のテーマソングを歌い、決勝四日市中央工×市立船橋の解説者席で生まれ故郷と育ち故郷の試合を観戦。

去年の藤田俊哉引退試合でゴールを決めて、カズとヒデに頭を叩かれて嬉しかった話。

私も行きたかったけどミスチルのライブと重なって断念したんだよね。。。

そして今夜、初めて国立のステージに立てて幸せだと、おめでとう!

2曲目のアンセム、後ろに四人のパフォーマーを従え自分もアコギ弾きステップ踏んで、♪ピーヒャラピーヒャラパッパパラパーや♪雪だるまつくろーを挿入していました。

空耳かも知れませんが、最後♪長友、長友というワードも聴こえたような。(多分英語・・)

「ナオトインティライミでしたでしたでした・・・」フェードアウト。

岸谷香さん、客席のペンライトがピンクに変わり、「Diamonds」

高校の頃に友達とめちゃくちゃ聴きまくって歌いまくったなぁ。

岸谷吾郎さんとの初めてのデートが国立でのJリーグ観戦だったとか。

「岸谷香さんでした〜」えーーーーーー!?一曲で帰っちゃうの???(ノд・。)

続いてゴスペラーズ、国立で国歌斉唱を何度か歌ったそうです。

今日は緊張して違うメンバーのスーツを着てしまっていたとの事です^^

夜風が気持ち良く、ハーモニーが心地よかったです。

斉藤和義さん、こんばんはもさようならもシャイな控え目な感じでしたが歌は力強く「やさしくなりたい」はイントロで鳥肌が立ちました。

真っ赤なペンライトが良い所で点いたりまた一斉に消えたりするのを見て疑問に思ったらしく「どうなってるの?」と問い掛けると亀田さんが、スタッフが操っている事を明かしました。

即席で「群青色!」とか色を言って楽しんでる^^

「歩いて帰ろう」雲のスクリーンとほのぼのした感じ。カッコよかったな。

壮大にパワーアップした「栄光の架け橋」の後、悠仁の「今日はこの1曲で帰る予定でしたが、リハも2日前でもう1曲大丈夫かな」とわかりやすーいフリであの曲。笑

「夏色」の国立バージョン♪123国立!バカヤローあり黄色いライトと青いライト切り替わりものすごく楽しかったです。

横のお姉さん方がザワつき始め、相方Sさんが「ナオトナオト!」って左スタンドの下でナオトも夏色に参加していました。

ゆずが終わるとさーっといなくなりました。

「まだリリースのない新人ユニットです!」とウカスカジー。

あれ?2006年ドイツW杯の時に「手を出すな!」を2人で出してませんでした?黒歴史?

ウカスカジーからスタートなのですね、わかりました^^

GAKUさんも「ライト青!」って客席の色を操って楽しそうでしたね。

「勝利の笑みを 君と」(サッカー日本代表公式応援ソング/ 「夢を力に2014」テーマソング )

桜井さんダッシュでステージ端に走ってくるー!!!

スクリーンのアップもめちゃくちゃカッコイイ!!!!!

水色Tシャツの上に白いジャケット、悠仁とカブってるーー!

大きなサッカーボールの巨大風船がアリーナに8個入ってきた。

これは危うく歌に集中出来なくなる魔力があるけど今日はスタンドでよかった。

青・水色のペンライト、巨大風船、スクリーンには聖火燃ゆ。。。

リリース前の曲をと「mi-chi」。

僕らの曲には歌詞がない、みんなの声や声援で完成させたいと、♪ララララ ララララ ラララララ〜の練習→合唱。

GAKUさん、コーラスアミーゴ今日も頑張りましたよ。

最後に桜井さんとGAKUさん2人で客席に6個くらいサッカーボールを蹴った。羨ましい。


亀田さんが、歌を未来へ託すべく最後に任せた一番若い3人いきものがかり。

「ありがとう」意味があってこの曲を選んだのだと分かっていても、向井くんファンの私には「ゲゲゲの女房」を懐かしむひと時に。

「風が吹いている」オリンピックのNHKテーマソングですものね、大量の銀テで始まり花火で終わりました。

曲の終盤は♪ラララ・・・で繰り返し、出演者がグッズのTシャツを着てステージに並びました。

「今日はどうもありがとう、国立競技場56年の歴史にありがとう」

そして来たる2020年東京オリンピックに向けた日本の新しいスタートへのエールだそうです。


画像

またひとつ、子供の頃からあった物が壊されようとしています。

特に深い思い入れはないものの、小学生の頃親に連れて来られたサッカーの試合や陸上の大会、学校の行事で都内の生徒が集まったりと、暑いか寒い思い出しかなかった(;´∀`)

その後、自分の意志で観に来た国立はどれも良い思い出です。

ひとつ欲を言えば・・・Mr.Childrenのライブが観たかった。



≪セットリスト≫

スキマスイッチ:全力少年

ファンキー加藤:あとひとつ、輝け

ナオト・インティライミ:Brave、The World is ours!

岸谷香:Diamonds

ゴスペラーズ:ひとり、永遠に

斉藤和義:やさしくなりたい、歩いて帰ろう

ゆず:栄光の架橋、夏色

ウカスカジー:勝利の笑みを 君と、mi-chi

いきものがかり:ありがとう、風が吹いている




@akk_priscilla←でごにょごにょ言ってます。


AX

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」 〜Star Blue〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる