[(an imitation) blood orange]Tour 横浜アリーナ2DAYS

2013年4月6日(土)、7日(日) 横浜アリーナ

画像

画像

台風並みの4月の嵐の予報で外出を控えるよう呼びかける中、6日は土砂降り・7日は暴風でダイヤが乱れつつも予定通り3時間の熱い公演が行われました。

昨年末行われた4都市ツアーさいたまスーパーアリーナ編と被らないよう記してみます。

毎度の事ですが、個人的な感想と記憶に頼っている為不愉快な表現も含まれるかと思いますのでご了承いただきつつ、間違いについてはご指摘ください。


※ここからネタバレです。


1日目はアリーナDの6列目、2日目は北スタンド1列目で両日とも田原様側からとなりました。

年末のツアーと違い、前方の立ち見ゾーンも花道もありません。

1曲目の「過去と未来と交信する男」の3人の桜井さんがぐるぐる回るのは一緒でしたが、床下に消えて花道から現れる演出に代わってナカケー側のステージ端から現れました。

この2日間は兎にも角にもMCがおもしろくて、桜井さんの冴えたアドリブで会場の大爆笑やメンバーの笑顔が何度も垣間見れ、良い意味で和んだ雰囲気が演奏や会場の盛り上がりに伝播しているように感じました。

「横浜はホームのつもりです、神奈川や東京の人が多くて斜に構えてるな(2日目は気取ってる人が多いな)、そんな殻などぶち破って思い思いに楽しんでください!」

「四月になって新生活の季節、そんな始まりにぴったりな曲をたくさんやりますから!」と、その直後が「花言葉」でした。

コスモスの花言葉に揺れながら~君はもう居ない、さよなら。。。

秋桜の咲く季節に君は去ってもう旅立ちの曲なのだ、深い。


曲と曲との間に男性の「桜井さーん!」に「なんですかー笑」と大声で答えて会場大爆笑。

「キリがないからおしまい笑、でもありがとう。」とにっこり素敵な笑顔をいただきました♡


2日目は途中でネックレスが切れた(外れた?)と自己申告があり、それだけ熱いパワフルなステージです。

後半はブラッドオレンジのピックをネックレスにしているように見えました。

3人で演奏の「Surrender」の曲紹介は年末と多少変わっていて、マキアージュという単語は出て来ずCMの曲が絢香に変わったからかな?と思いました。

「1998年の8cmシングルの時代の「I'LL BE」という曲がありまして、そう大文字の。」ギャー!って騒いでいるお客を弄ぶかのように、「そっちじゃなくてカップリングです」ですってㆀ

その後の「今日の俺イジワルだな・・・」が相方Sさんの萌えポイントでした。

ニールヤングの「孤独の旅路」を知らない人の為にとワンフレーズ歌ってくれました。


12個の六角形のモニターで映像を楽しみ「イミテーションの木」に繋がるコーナーが個人的に一番好きで、映像に合わせてJENがジェスチャー入れてくるのに対して桜井さんがボソッと軽く添えるのです。

深海の魚→「泳ぎ切ったね」、ラスベガス?の夜景→「踊り切ったね」、ジェットコースター→「怖かったよね」、花火→「それでは続いてこちら」。

花火の真似に対してはスルーかいㆀ

1日目は雨の横アリ前の風景に「日常ってこんな殺風景な感じ」→イミテーションの木。

・・・なのですが、2日目の暴風に因んで「今日は風が強くてスカートがひらひら捲れたでしょう」と言い出し大爆笑。

会場からの「変態~!」「エロジジイ!」に、「ちゃんと聞こえてたよ、エロジジイです笑」と。笑

「昔は渋谷系と言われたオシャレで可愛らしい女の子ばっかだったのに、今ではこんな事を叫ぶような男のファンが増えてしまって、女性を惹きつける魅力が無くなったら、いつか男だけのライブをやろう!」と口走って大盛り上がりでした。

(当時貴方の前に居た渋谷系女子の残骸がここに居ます。。。)


「まだまだいけますかー?踊れますかー?」と煽られ次の曲の期待で会場が湧く中での「それではメンバー紹介です」でまた大爆笑。

「九州では小さくなっていましたが(体調不良により福岡公演を延期)今ではもうこの有様です」と、変顔をするJENを激励。

ナカケーの事はプロレスのアナウンスの口調で紹介し、直後のナカケーのアップが何とも言えない嬉しいのか恥ずかしいような表情で和みました。

健ちゃんの「こんばんは」への大歓声は更に止む事を知りません。

そして2日目は「13,000人のコーラス&ダンサー!」とお客を紹介してくれて、ステージの5人も大拍手でした。

ありがとうございます!

昔、コバタケ氏を「5人目のMr.Childrenです」と紹介した時は、そこは5人目はファンの皆さんですと言いましょうよと思いましたが。。。


「また会いましょう、気を付けて帰ってね、新しい環境でがんばってね!」

と、これまた嬉しい言葉を胸に帰りました。

もちろん、曲はライブらしく素晴らしいものでした、言葉足らずですみませんㆀ

ダンスもキレキレで、何処から影響を受けたものなのでしょうか。。。

「End of the day」の間奏で感じた気持ちを胸に残し、今日からも頑張ります。


画像
↑GLAYさん、ゆずさん

画像
チル友Pさんご推薦の稲葉社長


≪セットリスト≫ 

1.過去と未来と交信する男
2.LOVEはじめました
3.Worlds end
4.NOT FOUND 
5.花言葉
6.やわらかい風
7.抱きしめたい
8.Surrender
9.Pink~奇妙な夢
10.常套句
11.CENTER OF UNIVERSE
12.擬態
13.fanfare
14.イミテーションの木
15.Pieces
16.Happy Song
17.hypnosis
18.End of the day
19.innocent world
20.エソラ
21.Marshmallow day
------------------------------
22.天頂バス
23.HERO
24.祈り ~涙の軌道



@akk_priscilla←でごにょごにょ言ってます。


AX