[(an imitation) blood orange]Tour さいたま2DAYS

2012年12月28日(金)、29日(土) さいたまスーパーアリーナ。

画像

画像

画像

画像
↑11月27日の朝日新聞のアルバム広告、FC会報表紙と同じですね。

まずは、今回のツアースケジュールを。

2012年12月15日(土) 大阪・京セラドーム大阪
2012年12月16日(日) 大阪・京セラドーム大阪
2012年12月22日(土) 愛知・ナゴヤドーム
2012年12月23日(日・祝) 愛知・ナゴヤドーム
2012年12月28日(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2012年12月29日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2013年1月3日(木) 福岡・福岡 Yahoo! JAPANドーム
2013年1月4日(金) 福岡・福岡 Yahoo! JAPANドーム

東日本がアリーナ2日だけって、遠征出来ない私には絶望的です。

1日ずつ相方SさんとFCで当たったのは奇跡に他ならず、この際座席など高望みはしません。

奇跡が起こった喜びも束の間、祖母が危篤状態となり亡くなりました。

人生、プラスマイナスはいつも背中合わせ。

ジュンスカの渋公も行けなくなり、ミスチルの相次ぐ歌番組も全く楽しくなくなりました。

職場の仲間や友達の暖かい心遣いのお陰でスイッチを切り替える日々でした。

ですので、今回のレポはちょっとテイストが違いますが思うところを綴ってみます。


※ここから当日ネタバレです。

年内の診療は昨日でおしまい、28日は各々業務の残りと大掃除と納会でした。

2回のネット通販での人気品瞬殺情報を知り、東日本でここだけならば買いに来る人も多かろうとダッシュでさいたま新都心へ向かいました。

曇りのコンクリートの上、1時間並んでお友達の分も買えましたけどね。

マシュマロと名の付く物は、MV然りグッズ然り何故マシュマロよりもチューインガムデザインなのか?

バナナとオレンジの黒Tシャツとブラッドオレンジ×黒のタオルにしました。

この日の長谷部選手もこのTシャツだったそうですね。

ミスチルくんイヤホンピアスを買ったものの、私のスマホは防水で蓋がしてあってお預けㆀ

Sさんは鞄の中で抜けたと言ってたので要注意ですね・・・。

桜井さんデザインの赤いギターチャームは期待通りかわいいっす。


1日目はナカケー側スタンド1列目、2日目は健ちゃん側スタンド3列目で、正面もステージ端もセンターステージも見渡せました。

始まりはイリュージョン。

悪魔なのか魔法使いか、3人円陣を組んでぐるぐる回る、その中のひとりが桜井さん(なの?)。

「過去と未来と交信する男」を歌う悪魔フードの桜井さんのアップが六角形のモニターに映り大歓声。

その間、他のメンバーは普段通りカッコよく坦々と演奏を続けています。

回りながら歌い続けるとしたら酔わないの?

立ったり座ったり、最後中身が消えて衣装だけ床に残る。

程無くしてセンターのランウェイからマント着たまま姿を現し2曲目へ続くという。

だいぶ前のツアーで一日だけ仮面を被ってそれ以降やらなくなった演出や、最近のMonsterフードの奇抜さを思い出し、Sさんと盛り上がりました。

そう、今回は全体を通して奇抜な、斬新な感じがしました。

過去の演奏曲を引っ張り出し、新アルバム、緩急お馴染みの盛り上がり曲あり。

「靴ひも」がきて「おお!」と聴き入った後になんか引っ掛かるイントロ・・・。

アンケートにひたすら書いた「Replay」が最近叶ったので、今後絶対演らないだろうと「マーマレード・キッス」を書き続けていたところ、この度叶いました(好きすぎて聴きたかった訳ではなくㆀ)。

好みの問題ですが、Sさんも私も妙な変な感じになりました。汗

急に雨が降り出した歌詞と今日のさいたまの雨がリンクして偶然を喜ぶ桜井さん。

ステージを照らす照明が歌詞のジェリービーンズの形でカラフルにくるくる回っていました。

続く「抱きしめたい」は、♪震えそうな夜に→12月の夜に。

「LOVEはじめました」は、♪中田のインタビュー→香川のインタビュー。


20周年の勢いで買った真っ赤なギターのお話。

桜井さんがマニキュアを50本くらい(マキアージュを中心に笑)買って自分でペイントした。

爽やかさと情熱と血生臭さ、女性の身体に直接塗り付ける物を弾くというエロスも外さない。

塗り重ね過ぎて実際弾き辛いけれど、回を重ねる毎に馴染んできたそう。

「ここら辺がオレンジで、ここに隠れミッキー笑」と嬉しそうに説明してましたね。

隠れミッキーは申請しなくても良い、似ていない中国風だからと笑っていました。

画像

この華やかなギターで、健ちゃんとコバタケ氏との「Surrender」。

何か思い出しませんか?

ジョン・レノン スーパーライブで「Mother」を演奏した「Acid Test」ですよ!この3人は。

私が初めてこのさいアリに訪れた記念のイベントでした。

渋く男の失恋を唄う「Surrender」、渋く男らしいギターだけでなく、健ちゃんがハモリを重ねます。

♪ウォウ ウォウ サレンダー (←WOW WOWではないクオリティーの高さ)

からサビの終盤まで、張りのある伸びやかな歌声に感動しました。

途中のメンバー紹介でも「こんばんは。世界一歌を愛する天才」と、大歓声の中桜井さんを紹介。

照れくさそうに笑う桜井さんは、ここだけの特別な顔なのかな。

ジョンレノンといえばもうひとつ。

六角形のモニター10個を使った音と映像のコーナーの、最初飛行機に乗っている景色になっている時に桜井さんが♪Lucy In The Sky With Diamonds~って歌ってましたね^^


大大大好きな「fanfare」の後、「今日の皆は勇者に見えた、何に向かっているのかはわからないけれど勇ましく見えた。」と褒められました。

apで大盛り上がりだった「Marshmallow day」はやっぱり大盛り上がり!

♪You're beautiful~でこっちをバッと向いてくれただけで周りはキャーキャー♥でしたもん。

いつもいつも書きますが、桜井さんがドラムに向かってナカケーも健ちゃんも真ん中を向いて円陣みたいになるのが、今回も安心感を与えてくれました。


アンコールはこれまた久しぶりの「天頂バス」アニメーションも一新。

そして「HERO」→「Mr.Childrenでしたー」え?


最初のイリュージョンでビックリした人も人肌(温もり?)を感じて欲しいと、センターステージで「空風の帰り道」。

1日目は外がめちゃくちゃ寒くて、「外は雨から雪になったそうです」→「うっちょーん」だか「うっぴょーん笑」と軽く嘘をついて、更に心が温まりました。

2日目は「Mr.Children今年最後の曲になります。心を込めて間違わないように届けます」と自らにプレッシャーを与え、スクリーンに映る4人はそこで苦笑いでした。(ほ、微笑ましい・・・)

bコースタケトがお薦めの「バイバイ」は溜めて溜めて今夜も最強でした。

歌詞の通り、また必ず会えるのが心の支えになるんだろうな。


「今年もありがとう、来年もよろしくね!風邪引かないでね。」と、

「インマイタウン」の♪このまま このまま 今年も終わるよ~に乗って去って行きました。

来年も約束してもらって、今年の20周年振り返って感謝したいと思いました。

冒頭に言われたように、この一年はこの日のお陰でHappyで暖かい気持ちで終われそうです。


【セットリスト】

1.過去と未来と交信する男
2.LOVEはじめました
3.Worlds end
4.End of the day
5.靴ひも
6.マーマレード・キッス
7.抱きしめたい
8.Surrender
9.Pink~奇妙な夢
10.常套句
11.pieces
12.CENTER OF UNIVERSE
13.fanfare
14.イミテーションの木
15.かぞえうた
16.Happy Song
17.hypnosis
18.Tomorrow never knows
19.エソラ
20.Mashmarrow day
——————————
21.天頂バス
22.HERO
23.空風の帰り道



@akk_priscilla←でごにょごにょ言ってます。


AX