セットリストが出たので

つづきです


画像
こば画伯によるDI:GA表紙
マイラバ見に行った友達が前にくれたので3冊になりました


"THE DAY of 20th ANNIVERSARY " 渋谷C.C Lemon HALL

M-1:歩いていこう
M-2:いつもここにいるよ
M-3:JACK & BETTY
M-4:BAD MORNING
M-5:だけどひとりじゃいられない
M-6:メロディ
M-7:声がなくなるまで
M-8:風見鶏
M-9:どうかな
M-10:ハローレッテル
M-11:あきらめたくない〜ゴミ箱
M-12:休みの日
M-13:明日が来なくても
M-14:カステラ
M-15:Let' Go ビバリヒルズ
M-16:ななしの詩
M-17:すてきな夜空
M-18:MY GENERATION

EN-1:PARADE
EN-2:START

W-EN:全部このままで




うーん、興奮している間は連奏だったからね
改めて眺めると奥が深い
「おー!これがきたか!」っていう

そう、いつだか「ハローレッテル」の次が「砂時計」という
大好きだけど正反対みたいなのがまたよかったりする

今回のツアーでおなじみの初期曲はやるだろうくらいに止めて
あえてセットリストの予想はしないで臨みました
初期曲は1月のGCで大感激!思い出し大盛り上がりしちゃって
今回もノリノリながらも涙が溢れたりしたライブでした

ソロコーナーが用意されていたとはねぇ
すでにテカテカな私は瞳もキラキラ
いぇいいぇい いぇいいぇい いぇい
レッテルはられってる ハローハロー
だれも振り向かないから~ 気が楽でいい


和弥くんがギターを持ち出して「何?何?」と期待してると
チューニングが合わなかったとかで即興MCが始まりました
渋公時代の壁がこうだったとか、
特効が消防法で位置が変わったとか、
大人の事情でC.C.Lemonホールからいつかは
宮田和弥ホールになるかも知れないとか言ってました
そして、「チューニング間違えてたスタッフを怒らないでね!」
って偉い方々にステージから訴え、
おかげで特別MCが聴けたからみんなは
帰りに1,000円ずつ置いて行くよう言われました

そんなこんなで「休みの日」ですよ
宮田&寺岡コンビによる私の中の名曲中の名曲
ap bank fesで櫻井さんの声で3日連続聴き入ってました
ごめんなさい
やっぱりJUN SKY WALKER (S)
呼人くんのピアノに目を瞑る和弥くん
最後に見たのはいつだったんだろう
「天気がいいよー」はキー上げ採用でした
つい最近のロンハーで若い淳がカヴァーしてたね
千秋、淳、ゆずの2人も会場にいたみたいですね


「カステラ」も想像つかなかったなぁ
「ゴミ箱」「ななしの詩」と、超短ソング
楽しくてイントロ聴くたびみんな「ワー!!!」「キャー!!!」って
あそこでの「PARADE」もよかった
「メロディー」もわくわくした
結局全部いいんだけどね♪♪

純太と和弥くんの「全部このままで」はいつもぐっとくる
肩を組んでマイクに2人くっついて
ほんと、左右逆だったら純太の長い弦が刺さるね
MCでは毎度毎度、仲悪いアピールしてるけど
年月が経つとこうなれるんだって、
みんなにも言葉と身を持って教えてくれました


あの日あの場所に居れただけでシアワセなんだもん
20年前のこの日、JUN SKY WALKER(S)デビューですから

私のブログにはジュンスカの思い出何度か登場していても
まさか、ぱおーんに再会出来るなんて
夢にも思ってなかった
こばちゃんの第一声から始まったこの復活
「まさゆきー!」っていうコールがやたら多かったですよ


後半はやはり、3人をリスペクトしながら紹介してましたね
この時の和弥くんは特に好きです
GCの時がもっと長かったけど今回も胸がきゅんときました
自分に悩まされたおかげで名プロデューサーになれた寺岡氏
かっこいい黒い帽子を取ってからはワッキーでした
呼人くんはどんな髪型もカッコいい
私もこの夏は前髪ぱっつんにしようかな


次は秋のZeppツアーか。。。
私はそこにいるのかな

またジュンスカ号に会えるのかな
画像



改めて、復活に携わったスタッフのみなさまに感謝しております
夢のような思い出をありがとうございました






まだ発表してないフェスってのは京都のことだったか





AX